第7回脳ジム読書会:『生物と無生物のあいだ』

年内最後、12月20日(土)の第7回脳ジム読書会では

『生物と無生物のあいだ』を取り上げます。

 

seibutuo

 

課題本:生物と無生物のあいだ

著者:福岡伸一/講談社現代新書

 

「生きているってどういうこと?」

という疑問を「動的均衡」という表現で解説する本書です。

 

DNAの複製だけが「生物」の定義ではない。

「摂取と排出」を繰り返す「生物」は、3か月で全ての「物質」が入れ替わっている。

人間も血や筋肉だけでなく、なんと骨や脳までもすべて入れ替わっている。

 

初心者向け科学書として名著な本書は

生物学の面白さと同時に、研究者たちの過酷な戦いなど、

様々なエピソードを交えて紹介する。

 

まだ、読まれたことのない方へのメッセージ

こんな面白い本があるのか!!というほど面白い本です。

読書会参加する、しないにかかわらずお勧めの1冊です。

 

===

 

第7回脳ジム読書会:「生物と無生物のあいだ」

日時:12月20日(土)10:00~12:00

参加費:1,000円(+消費税)ドリンク付き。

要予約!!(受付電話:075-343-8388)

※課題本の読んでからのご参加をお願いします。課題本のご持参をお願いします。

皆様のご参加こころよりお待ちしております。