コウモリランとは・・・??

コウモリランの生態や特徴について簡単にご紹介します。

そもそもコウモリランとは?

コウモリランとは、ウラボシ科・ビカワシダ属で、他の木や岩石にくっついて生息する「着生植物」です。

 

どんな環境で育っているの?

雨季と乾季がはっきりと分かれている熱帯地域(アフリカ、マダガスカル、東南アジア、太平洋諸島、オーストラリア、南アメリカ)に生息しています。

 

2種類の葉とは?

コウモリランには2種類の葉が存在します。①胞子葉と②貯水葉です。

①胞子葉

orchidleaf 裏側には胞子が付いています。

たくさん生えていて、大きく成長する葉です。

 

 

 

 

 

②貯水葉

orchidleaf2

この葉はコウモリラン独自の特殊な葉です。

水分や養分を蓄えるスポンジのような役割を果たします。

落ち葉や虫の死骸、鳥の糞、またコウモリラン自身の枯れた貯水葉を集め、細菌により分解し、株の養分として吸収されます。

他にも、自身を木に着生させる支えにもなります。

 

 

 

 

コウモリランの特徴を知ることで、少しは身近な存在になりましたでしょうか??

脳ジムのシンボルをどうぞ暖かく見守って下さい(*^_^*)

もっと詳しく脳ジムについて知りたい!!

脳ジムの料金について知りたい方はこちらのページ

脳ジムの設備について知りたい方はこちらのページ

脳ジムの立地について知りたい方はこちらのページ

>いつでも通いやすい「脳ジム」

いつでも通いやすい「脳ジム」

「脳ジム」は京都のビジネスの中心、四条烏丸からスグ。阪急烏丸駅、地下鉄四条駅4番出口から徒歩2分。いつでも気軽に立ち寄れます。

CTR IMG